« 仕事とは、信の一字 | トップページ | 専門家対象に人間学の講義 »

2012年1月 8日 (日)

しあわせこいこい やってこい

「しあわせこいこい

やってこい」

               

私の机の上に、招き猫が置いてあります。

その招き猫の腹部に書いてある文章です。

             

幸せを招けば、幸せはやってくるものです。

そのためには、幸せに敏感になることです。

           

幸せに敏感になると、多くのことが幸せ感をもららします。

多くの幸せ感に満たされると、笑顔や表情が良くなります。

               

笑顔や表情が幸せそうな人が不幸を招くことはないですね。

笑顔や幸せそうな表情が、幸せな人との出会いや幸せを招くからです。

             

|

« 仕事とは、信の一字 | トップページ | 専門家対象に人間学の講義 »

コメント

鳥飼先生
あけましておめでとうございます。
私の机の上にも、招き猫が笑顔で座っています。
おなかに「しあわせこいこいやってこい」と書いております。
左手は人を招き、右手はお金を招くそうです。
私に微笑んでいる招き猫は、左手を高く上げています。
高いほど、遠くの人も招くそうです。
本年も、宜しくお願いいたします。

投稿: yoiko | 2012年1月 9日 (月) 11時01分

鳥飼先生

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

いつもブログ楽しく読ませていただいています。

さて、今年も幸せに敏感に生きたいです!

とある歌の歌詞で、
「心さえ乾いてなければ、どんな景色も宝石に
変わる~♪」という詩があり、今日、心に響き
ました。

同じことだなと感じます。

投稿: にったん | 2012年1月 9日 (月) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仕事とは、信の一字 | トップページ | 専門家対象に人間学の講義 »