« 正月に人生の原点に気づく | トップページ | 仕事とは、信の一字 »

2012年1月 4日 (水)

七福神めぐりで、幸運な1年を予感

七福神を日本人は大好きなようです。

東京23区内だけで、20以上の七福神があります。

             

隅田川七福神、深川七福神、日本橋七福神、浅草名所七福神が有名です。

谷中七福神、亀戸七福神、柴又七福神、小石川七福神などもあります。

銀座七福神や青山七福神のように休眠中のものもあるようです。

              

私も七福神大好き人間ですから、七福神めぐりをしています。

七福神めぐりは、日本民族の特性を示しています。

神社と寺、つまり、神道と仏教を混ぜて、お参りするのですから。

                               

しかも、七福神の何を祀るかは、神社と寺の勝手次第という感じです。

大黒天を祀る神社があり、お寺もありですから。                

恵比寿、布袋なども、神社でも、お寺でも祀っています。

                              

この大らかさ、柔軟性が、日本民族の特性と言えます。

換言すれば、他民族文化を取り入れて発展した懐の深さがある気がします。

               

私自身の性格を見ても、日本民族だな、思います。

懐の深さは、いい加減さにつながりますね。

要は、縁起がよければ、何でも受け入れてしまう所があります。

                  

初詣しかり、七福神しかり、招き猫しかり、フクロウのお守りしかり、

獅子舞しかり、豆まきしかり、4万6000日しかり、

良い意味での縁起をかつぐことが、日本人の特性のような気がします。

                

七福神めぐりをして、良い縁起を身体で感じ取り、

幸運に恵まれる今年1年を予感するつもりです。

                                                               

|

« 正月に人生の原点に気づく | トップページ | 仕事とは、信の一字 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 正月に人生の原点に気づく | トップページ | 仕事とは、信の一字 »