« 2011年12月 | トップページ

2012年1月29日 (日)

フェイスブックへの移行

このブログを始めたのが、2005年でした。

忙しさのために、一度、ブログを休止し、また、再開しました。

最近は、更新が進んでおりませんでした。

          

むしろ、最近は、フェイスプックを始め、

そこで週4、5回、近況を書いております。

また、毎週1回、メルマガを発信しております。

       

フェイスブックとマルマガの発信で、手一杯になっております。

そのため、このブログは、今日を持って筆を置くことにしました。

読んでいただけた方に、今までのご縁に深く感謝します。

               

もし可能であれば、フェイスブックか、メルマガをお読みください。

勝手なことで恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

| | コメント (1)

2012年1月16日 (月)

風船に愛情を感じる

我が家では、大小5つの風船を飼っています。

飼っているというのは、風船にはエサが必要だからです。

               

風船を飼い始めてから、5年近くたっています。

風船を飼ってエサを与えていると愛情が湧いてきます。

                    

風船のエサを与えるのは、私の役目です。

この役目も、愛情から果たしている気がします。

我ながら、人間の心って面白いな、と思いますね。

                      

| | コメント (0)

2012年1月13日 (金)

専門家対象に人間学の講義

専門家集団が人間学講座を勉強する時代になったようです。

          

昨日、ある人の訪問がありました。

12月に、私に人間学の講義を依頼するための訪問です。

ある会に所属する税理士向けの講義です。

                                               

税理士対象の講義は、数え切れないほどやってきました。

でも、人間学の講義は、今回が初めてです。

混迷する現在、専門を超えた知恵が必要だからでしょう。

             

| | コメント (0)

2012年1月 8日 (日)

しあわせこいこい やってこい

「しあわせこいこい

やってこい」

               

私の机の上に、招き猫が置いてあります。

その招き猫の腹部に書いてある文章です。

             

幸せを招けば、幸せはやってくるものです。

そのためには、幸せに敏感になることです。

           

幸せに敏感になると、多くのことが幸せ感をもららします。

多くの幸せ感に満たされると、笑顔や表情が良くなります。

               

笑顔や表情が幸せそうな人が不幸を招くことはないですね。

笑顔や幸せそうな表情が、幸せな人との出会いや幸せを招くからです。

             

| | コメント (2)

2012年1月 6日 (金)

仕事とは、信の一字

今日、仕事始めでした。

仕事は、自分との出会いであり、

通常、社会の人々とのコミュニケーションです。

              

仕事は、当たり前ですが、極めて人間的な営みです。

仕事をするには、自分自身のことを知り、

社会の人々のことを理解することが必要です。

                 

結局、仕事をする上で重要なことは、経験を通して、

本当の自分を知って、自信を持つこと、、

本当の社会の人々を知って、その信頼を得ることです。

             

今日の仕事始めに当たって、次のことを確認しました。

「仕事とは、信の一字に尽きる」ことを。

              

                                                  

| | コメント (0)

2012年1月 4日 (水)

七福神めぐりで、幸運な1年を予感

七福神を日本人は大好きなようです。

東京23区内だけで、20以上の七福神があります。

             

隅田川七福神、深川七福神、日本橋七福神、浅草名所七福神が有名です。

谷中七福神、亀戸七福神、柴又七福神、小石川七福神などもあります。

銀座七福神や青山七福神のように休眠中のものもあるようです。

              

私も七福神大好き人間ですから、七福神めぐりをしています。

七福神めぐりは、日本民族の特性を示しています。

神社と寺、つまり、神道と仏教を混ぜて、お参りするのですから。

                               

しかも、七福神の何を祀るかは、神社と寺の勝手次第という感じです。

大黒天を祀る神社があり、お寺もありですから。                

恵比寿、布袋なども、神社でも、お寺でも祀っています。

                              

この大らかさ、柔軟性が、日本民族の特性と言えます。

換言すれば、他民族文化を取り入れて発展した懐の深さがある気がします。

               

私自身の性格を見ても、日本民族だな、思います。

懐の深さは、いい加減さにつながりますね。

要は、縁起がよければ、何でも受け入れてしまう所があります。

                  

初詣しかり、七福神しかり、招き猫しかり、フクロウのお守りしかり、

獅子舞しかり、豆まきしかり、4万6000日しかり、

良い意味での縁起をかつぐことが、日本人の特性のような気がします。

                

七福神めぐりをして、良い縁起を身体で感じ取り、

幸運に恵まれる今年1年を予感するつもりです。

                                                               

| | コメント (0)

2012年1月 3日 (火)

正月に人生の原点に気づく

昨日は、墓参りをしました。

墓参りをした後の気分は爽快ですね。

                                 

その後で、兄弟家族で集まって会食をしました。

なかなか賑やかで楽しいものでした。

                

正月は、先祖、両親、兄弟家族など、縁の深い人と会います。

縁によって、人として生まれ、人との縁の中で生きるのが人生、

その人としての原点である縁の大切さに気づく。

それが正月のような気がします。

                                          

| | コメント (0)

2012年1月 2日 (月)

フェイスブックの影響でブログを書いている

1月2日、事始の日です。

今年の事始は、フェイスブックになりました。

フェースブックに文章を書いたのです。

私にとって、想定外のことです。

              

昨年、人に勧められてフェースブックを始めました。

最初は、やる気なしでしたが、昨年の12月後半になってからでしょうか、

フェースブックに文章を書くようになりました。

               

フェースブックは、友達との対話形式になるので、

コミュニケーションを図るのに、面白さを感じるようになったからです。

                

このブログも、元旦と今日1月2日と連続して書いています。

それは、フェースブックの影響です。

                  

ある人が、日本経済が成長するには、一人ひとりが変化する必要がある、

とフェースブックに書いてくれたのに、刺激を受けました。

そのため、再建の神様の二宮尊徳の再建の手法について書きました。

その手法とは、一人の心の変化を梃子にして、全体の再建を図るやり方です。

                     

コミュニケーションの妙味は、人の心の波動から心の相互作用が生まれ、

いろいろな考え方につながり、新しい発想が生まれるところにあります。

つまり、コミュニケーションによって進歩が生まれるということです。

             

そのようなコミュニケーションの妙味に興奮し、このブログを書いています。

フェースブックは社会を変える力を秘めている気がします。

                                                           

| | コメント (0)

2012年1月 1日 (日)

正月元旦、昇り竜になることを考える

1年の計は元旦にあり、といいます。

今年は辰年です。

             

どうせ辰年なら、思い切って、昇り竜になります。

広大無辺にして、無常無窮な大空を跳びまわりたいですね。

       

下界では、激動だ、想定外だ、大不況だ、と大騒ぎしています。

でも、大空を飛翔して眺めれば、下界の騒ぎは馬鹿馬鹿しいでしょう。

大空から見れば、下界には、幾らでも飛躍の機会があるのが見えるからです。

                  

大空を飛翔すれば、悠久の彼方から、

長期的、本質的、多面的な見方をすることができます。

そうすれば、短期的、末梢的、一面的な見方を転換することで、

大いなるチャンスに変えることができます。

                

激動の今年こそ、大いなる飛躍の年にすることができます。

大きな苦難を乗り越えた人類の歴史が、そのことを証明しています。

           

先人の残した歴史から、我々は大いに学ぶ必要があります。

これこそが、故安岡正篤師の教えられた実学です。

               

正月元旦に、今年1年を実学的見地で生きることを誓いたいものです。

そうすることで、激動の時代に適応することができます。

              

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ